商丘(読み)しょうきゅう

世界大百科事典 第2版の解説

しょうきゅう【商丘 Shāng qiū】

中国,河南省東部の開封南東の都市。商邱とも書かれた。華北平野の中心に位置し,歴史的に中国でもっとも早く開けた地方に属し,古来農産物にめぐまれた地方であった。現在でも穀物や大豆,綿花生糸などの集散地として栄えている。また交通も至便で,隴海(ろうかい)鉄道(連雲港~蘭州)が通るほか,華北自動車道路網の中心となっている。商丘市の南西10kmにある商丘県は,春秋時代国都が置かれたところである。秦になってここに県が創設され,南に睢水(すいすい)が流れているところから睢陽県とよばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

商丘
しょうきゅう / シャンチウ

中国、河南(かなん)省商丘淮河(わいが)の支流(かいが)上流の東沙(とうさ)河畔にある地級市。2市轄区、6県を管轄し、1県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口949万7000(2014)。隴海(ろうかい)線や京九鉄道、山東(さんとう)省の済寧(さいねい)(かたく)、安徽(あんき)省の蚌埠(ほうふ)などに通じる自動車道が通り、華北平原の交通の要所を占めている。黄河(こうが)流域ワタ作地帯の主産地をなすほか、小麦やコウリャン栽培も盛んで、重要な食糧生産地である。また、石炭の埋蔵量が豊富であることでも知られ、通柘(つうしゃ)炭田は河南省最大となる230億トンの埋蔵量を誇る(2016年時点)。
 開発は古く、春秋時代には宋(そう)の国都が置かれ、明(みん)代に商丘県となり、1950年市が設けられた。中華人民共和国成立前までは、明・清(しん)時代の府名をとり、帰徳(きとく)ともよばれた。[駒井正一・編集部]

世界遺産の登録

2014年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「中国大運河」の構成資産として、通済渠(つうせいきょ)の一部である商丘南関運河と商丘夏邑(かゆう)運河が世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商丘の関連情報