コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商丘 しょうきゅう

百科事典マイペディアの解説

商丘【しょうきゅう】

中国,河南省東部の都市。隴海(ろうかい)鉄路(連雲港〜蘭州)に沿い,山東・江蘇・安徽3省に近接する経済の中心地。穀物・綿・牛皮を集散する。化学工場がある。181万人(2014)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうきゅう【商丘 Shāng qiū】

中国,河南省東部の開封南東の都市。商邱とも書かれた。華北平野の中心に位置し,歴史的に中国でもっとも早く開けた地方に属し,古来農産物にめぐまれた地方であった。現在でも穀物や大豆,綿花,生糸などの集散地として栄えている。また交通も至便で,隴海(ろうかい)鉄道(連雲港~蘭州)が通るほか,華北自動車道路網の中心となっている。商丘市の南西10kmにある商丘県は,春秋時代の宋の国都が置かれたところである。秦になってここに県が創設され,南に睢水(すいすい)が流れているところから睢陽県とよばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

商丘
しょうきゅう / シャンチウ

中国、河南(かなん/ホーナン)省商丘淮河(わいが/ホワイホー)の支流(かいが)上流の東沙(とうさ)河畔にある市。同名地区の公署所在地。隴海(ろうかい)鉄道や山東(さんとう/シャントン)省の済寧(さいねい/チーニン)(かたく/ホーツォー)、安徽(あんき/アンホイ)省の蚌埠(ほうふ/ポンプー)などに通じる自動車道が通り、華北平原の交通の要所を占めている。黄河(こうが/ホワンホー)流域ワタ作地帯の主産地をなし、小麦やコウリャン栽培も盛んである。開発は古く、春秋時代には宋(そう)の国都が置かれ、明(みん)代に商丘県となり、1950年市が設けられた。解放前までは、明・清(しん)時代の府名をとり、帰徳(きとく)ともよばれた。[駒井正一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone