決が良い(読み)きまりがよい

  • =いい
  • が=良(よ)い
  • きまり

精選版 日本国語大辞典の解説

① しまり屋である。倹約家である。
※売卜先生安楽伝授(1796)下「約々(つまづま)としたきまりのよいお方でなけりゃ今の時節の身体は長久にもてませぬ」
② 物事に対する態度がきちんとしている。きちんと整っている。また、それらしく落着いている。
※歌舞伎・網模様燈籠菊桐(小猿七之助)(1857)四幕「仮宅(かりたく)より本宅の方が、どうでも極りがいいなあ」
③ 他に対して面目の立つさまである。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「さすがに極りが善くはなかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android