コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮宅 カリタク

デジタル大辞泉の解説

かり‐たく【仮宅】

しばらく住む家。仮の住まい。
近世、江戸吉原の遊郭が火事で焼けたとき、再建までの間、吉原以外の一般住宅地内で仮営業を許可されていた臨時の遊郭。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かりたく【仮宅】

仮住まいの家。
江戸吉原の遊郭が火災にあった時、一般居住地に、仮営業を許された臨時の遊里。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の仮宅の言及

【吉原】より

…仲ノ町には揚屋の衰滅した宝暦期(1751‐64)以降,両側に引手茶屋が並んだ。吉原は,元吉原以来明治時代までに24回も全焼したが,被災後は仮指定地(今戸,深川など)での仮宅(かりたく)営業が認められた。仮宅には開放感があって遊客も多く,遊郭に利益をもたらした。…

※「仮宅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仮宅の関連キーワード細見火災遊里

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮宅の関連情報