コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本宅 ホンタク

デジタル大辞泉の解説

ほん‐たく【本宅】

などに対して、日常住んでいる自分の家。本邸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほんたく【本宅】

別宅に対して家主の拠となる邸宅のこと。日本史上では中世在地領主の所領の中核をなす屋敷および付属地を指す。律令制下において私有をみとめられた私宅家地・園地を,その直接の起源とする。平安時代に〈富豪の輩〉といわれた地方有力者(富豪層)は,数町にも及ぶ宅地に私宅をかまえ,その内外に従類(じゆうるい),伴類(ばんるい)を集め,周辺各地に田家など諸種小宅を分散配置して,私営田や山野河海の諸産業を営んだが,その中から強固な領主支配を形成したのが,中世在地領主の典型である〈開発領主〉であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほんたく【本宅】

(別宅などに対し)ふだん住む家。本邸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

本宅の関連キーワード卓・宅・度・托・択・拓・擇・柝・沢・澤・琢・磔・託・謫・鐸田儀櫻井家たたら製鉄遺跡品・奔・本・翻・飜小袖曽我薊色縫汲み分ける在地領主制金沢(市)明暦の大火由利維平藤原師輔北村湖春香川景樹畠山箕山佐藤小滝ポパヤン荘園集落別邸定省別宅別荘

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本宅の関連情報