コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小猿七之助 コザルシチノスケ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小猿七之助 こざる-しちのすけ

講談,歌舞伎の登場人物。
巾着(きんちゃく)切りの七之助(通称小猿)は3年前無理に思いをとげた奥女中と吉原で再会し,店の主人を殺してともににげる。乾坤坊(けんこんぼう)良斎の講談「網打七五郎」をもとに河竹黙阿弥(もくあみ)が歌舞伎に脚色し,「網模様灯籠菊桐」として安政4年(1857)初演された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こざるしちのすけ【小猿七之助】

歌舞伎「網模様灯籠菊桐あみもようとうろのきくきり」の通称。世話物。河竹黙阿弥もくあみ作。1857年江戸市村座初演。巾着切り小猿七之助と、七之助に犯されて御殿女中より身を落とした御守殿お熊の情話と悪事を中心に描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小猿七之助
こざるしちのすけ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小猿七之助の関連キーワード坂東 弥五郎(2代目)神田 伯龍(6代目)港家 小柳(4代目)古今亭志ん生(1世)瀬戸 英一(1代目)神田 伯龍(5代目)古今亭志ん生岡鬼太郎御殿女中酒井 雲神田伯竜世話物情話夕立うろ