コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小猿七之助 コザルシチノスケ

4件 の用語解説(小猿七之助の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こざるしちのすけ【小猿七之助】

歌舞伎狂言網模様灯籠菊桐(あみもようとうろのきくきり)」の通称。また、その主人公の名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小猿七之助 こざる-しちのすけ

講談,歌舞伎登場人物
巾着(きんちゃく)切りの七之助(通称小猿)は3年前無理に思いをとげた奥女中と吉原で再会し,店の主人を殺してともににげる。乾坤坊(けんこんぼう)良斎の講談「網打七五郎」をもとに河竹黙阿弥(もくあみ)が歌舞伎に脚色し,「網模様灯籠菊桐」として安政4年(1857)初演された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

こざるしちのすけ【小猿七之助】

歌舞伎「網模様灯籠菊桐あみもようとうろのきくきり」の通称。世話物。河竹黙阿弥もくあみ作。1857年江戸市村座初演。巾着切り小猿七之助と、七之助に犯されて御殿女中より身を落とした御守殿お熊の情話と悪事を中心に描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小猿七之助
こざるしちのすけ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小猿七之助の関連キーワード巾着切り巾着草巾着鯛巾着結び前巾着割台詞落し巾着巾着貝小糸・佐七《作者を捜す6人の登場人物》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小猿七之助の関連情報