小猿七之助(読み)コザルシチノスケ

  • (通称)
  • 小猿七之助 こざる-しちのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

講談,歌舞伎の登場人物。
巾着(きんちゃく)切りの七之助(通称小猿)は3年前無理に思いをとげた奥女中と吉原で再会し,店の主人を殺してともににげる。乾坤坊(けんこんぼう)良斎の講談「網打七五郎」をもとに河竹黙阿弥(もくあみ)が歌舞伎に脚色し,「網模様灯籠菊桐」として安政4年(1857)初演された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

歌舞伎脚本「網模様燈籠菊桐(あみもようとうろのきくきり)」の通称。河竹黙阿彌作。安政四年(一八五七)江戸市村座初演。乾坤坊良斎(けんこんぼうりょうさい)の講釈によった白浪物。七之助が奥女中滝川を犯し、滝川は娼婦となって共に悪事を働くという筋。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
瀬戸英一
初演
大正10.1(東京・市村座)
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
網模様灯篭菊桐 など
初演
安政4.7(江戸・市村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android