決択(読み)けったく

  • けっちゃく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 えらび決めること。けっちゃく。
※太平記(14C後)三六「学海に玉を拾へる証義・論談を決択(ケッタク)して、詞の林に花開く」 〔荀子‐臣道〕
〘名〙 仏語。疑いを断ち切って、道理を正しくえらびとること。けったく。
※正法眼蔵(1231‐53)仏道「正邪いまだ決択せずば」 〔倶舎論‐二三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android