沈の箱(読み)ジンノハコ

デジタル大辞泉の解説

じん‐の‐はこ〔ヂン‐〕【沈の箱】

沈香(じんこう)を入れておく箱。二重になって、上には沈香、下には香木を切る小さなのこぎり・槌(つち)などを入れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんのはこ【沈の箱】

沈香で作った箱。または沈香の薄片をはった箱。
沈箱じんばこのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じん【沈】 の 箱(はこ)

① 沈の香木で作った箱、あるいは、沈香木を材料の一部に用いた箱。
※宇津保(970‐999頃)忠こそ「その御文どもを、ぢんのはこ一具に取りあつめて入れて、大殿に奉れ給ふとて」
香具の一つ。沈香を入れる。梨子地・蒔絵・堆朱・沈金彫りなどのものがある。二重の箱で上には沈香、下には香木を切る道具をいれるようにしたものもある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android