コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈葆楨 しんほてい Shen Bao-zhen; Shên Pao-chên

1件 の用語解説(沈葆楨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈葆楨
しんほてい
Shen Bao-zhen; Shên Pao-chên

[生]嘉慶25(1820)
[没]光緒5(1879)
中国,清末の洋務派官僚。福建省侯官県の人。字は翰宇,幼丹。道光 27 (1847) 年の進士。翰林院庶吉士より御史,地方官を歴任。曾国藩のもとで太平天国軍鎮圧にあたる。同治6 (67) 年総理船政大臣となり,洋式軍艦を建造して南洋海軍を育成し,造船技術や外国語の教育にも努力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沈葆楨の関連キーワード久保篤見階乗嘉慶帝N没・歿勃・歿・没Diaz de la Peña,N.《嘉慶会典》嘉慶白蓮教の乱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone