コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈葆楨 しんほていShen Bao-zhen; Shên Pao-chên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈葆楨
しんほてい
Shen Bao-zhen; Shên Pao-chên

[生]嘉慶25(1820)
[没]光緒5(1879)
中国,清末の洋務派官僚。福建省侯官県の人。字は翰宇,幼丹。道光 27 (1847) 年の進士。翰林院庶吉士より御史地方官を歴任。曾国藩のもとで太平天国軍鎮圧にあたる。同治6 (67) 年総理船政大臣となり,洋式軍艦を建造して南洋海軍を育成し,造船技術や外国語の教育にも努力した。同3年日本の台湾出兵に際して交渉にあたり,台湾統治に功績をあげた。光緒1 (75) 年両江総督兼辧理通商事務大臣となったが,在任中没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

沈葆楨の関連キーワード福建船政局

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android