沖つ波(読み)オキツナミ

デジタル大辞泉の解説

おき‐つ‐なみ【沖つ波】

[名]沖に立つ波。
「―来寄する荒磯(ありそ)をしきたへの枕とまきて寝(な)せる君かも」〈・二二二〉
[枕]波の動く状態から「競(きほ)ふ」「頻(し)く」「高し」「立つ」「撓(とを)む」などにかかる。
「―撓む眉引(まよび)き」〈・四二二〇〉
「―たかしの浜の」〈古今・雑上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おきつなみ【沖つ波】

( 名 )
沖に立つ波。 「 -高く立ち来ぬ/万葉集 3627
( 枕詞 )
沖つ波の動くさまから、「しく」「立つ」「撓とおむ」などにかかる。 「 -しきてのみやも恋ひわたりなむ/万葉集 二五九六或本歌

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android