コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沙面 さめん

世界の観光地名がわかる事典の解説

さめん【沙面】

中国の広東省の省都・広州(コワンチョウ)市を流れる珠江(しゅこう)につくられた、楕円形の人工の島。島の中央を東西に横切るように沙面大街が走っていて、北に沙面北街、南に沙面大街があり、島の南部は沙面公園になっている。明の時代に運河を開削した際に、珠江に面した一帯が切り離され島になった。明代には華節亭が置かれ、外国商船が入港する際の埠頭があった。アロー戦争後の1861年から、島の西部がイギリス、東部がフランスの租界となったことから、当時の名残の洋館が多数残っている。◇沙面島の建築物群は、1996年に全国重点文物保護単位に指定された。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

沙面の関連キーワード沙基事件

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android