コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沙面 さめん

1件 の用語解説(沙面の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

さめん【沙面】

中国の広東省の省都・広州(コワンチョウ)市を流れる珠江(しゅこう)につくられた、楕円形の人工の島。島の中央を東西に横切るように沙面大街が走っていて、北に沙面北街、南に沙面大街があり、島の南部は沙面公園になっている。明の時代に運河を開削した際に、珠江に面した一帯が切り離され島になった。明代には華節亭が置かれ、外国商船が入港する際の埠頭があった。アロー戦争後の1861年から、島の西部がイギリス、東部がフランスの租界となったことから、当時の名残の洋館が多数残っている。◇沙面島の建築物群は、1996年に全国重点文物保護単位に指定された。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沙面の関連キーワード王寵恵奉天華南広東省都潮州福建広東省広西チワン族自治区広東[省]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone