コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢井鶴汀 さわい かくてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢井鶴汀 さわい-かくてい

1812-1861 江戸時代後期の儒者,医師。
文化9年生まれ。江戸で漢学をおさめ,長崎でオランダ人に医学をまなぶ。書画や詩にもすぐれ,頼山陽の門下四天王のひとりと称された。文久元年死去。50歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。名は桂。字(あざな)は晩香。通称は素庵。著作に「吟香集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

沢井鶴汀の関連キーワード儒者

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android