沢村光博(読み)さわむら みつひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村光博 さわむら-みつひろ

1921-1989 昭和時代後期の詩人。
大正10年9月2日生まれ。北川冬彦の第2次「時間」創刊同人。昭和29年評論「逸見猶吉(へんみ-ゆうきち)論」「北川冬彦論」で時間賞。38年詩集「AL FILO DE LA MEDIA-NOCHE」をスペインで刊行。39年詩集「火の分析」でH氏賞。カトリシズムに裏づけられた形而上学的な詩で知られた。平成元年10月27日死去。68歳。高知県出身。高知工業卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android