コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢氏 さわうじ

1件 の用語解説(沢氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さわうじ【沢氏】

大和国宇陀郡沢に蟠踞(ばんきよ)した中世国人領主。その伝世した文書群は早く同氏の手を離れ,1888年島田直次郎から田中光顕に売却され,現在国立公文書館内閣文庫蔵。大半が室町~戦国期の文書である。沢氏は南北朝期から南軍として史料上に散見し,伊勢国司北畠氏の与力,のちには被官として,その文書中に北畠氏およびその家臣の発給文書を大量に残している。北畠氏との関係は戦国末年の北畠氏の滅亡まで継続し,その間,伊勢に飯高(いいたか)郡神戸六郷,一志(いちし)郡小阿射賀(こあざか),多気(たき)郡御糸(みいと)などの分領を宛て行われ,軍役を奉仕している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沢氏の関連キーワード森野好徳宇陀宇陀紙大和国家大和路盤踞宇陀路大宇陀植田清一郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沢氏の関連情報