コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河南県城址 かなんけんじょうし Hé nán xiàn chéng zhǐ

1件 の用語解説(河南県城址の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かなんけんじょうし【河南県城址 Hé nán xiàn chéng zhǐ】

中国,洛陽旧城から西約5kmにある漢代河南県城の跡。1954年の調査によって,澗河東岸の小屯村を中心に広がる東西1485m,南北1410mのほぼ方形の城壁が明らかにされた。城壁の下に戦国墓,城壁上に後漢末の墓があること,出土の土器に〈河市〉〈河南〉の印を押したもののあることから,この城壁が河南県城址であることが確認された。55年の調査では周王城の外郭が判明し,文献に述べるごとく,河南県城が周王城址に築かれたことが確認されたが,その規模は4分の1ほどに狭められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

河南県城址の関連キーワード安世高烏塁城函谷関洛陽伽藍記論衡五言鳳闕洛陽洛陽の紙価を高める

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone