コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河南県城址 かなんけんじょうしHé nán xiàn chéng zhǐ

1件 の用語解説(河南県城址の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かなんけんじょうし【河南県城址 Hé nán xiàn chéng zhǐ】

中国,洛陽旧城から西約5kmにある漢代河南県城の跡。1954年の調査によって,澗河東岸の小屯村を中心に広がる東西1485m,南北1410mのほぼ方形の城壁が明らかにされた。城壁の下に戦国墓,城壁上に後漢末の墓があること,出土の土器に〈河市〉〈河南〉の印を押したもののあることから,この城壁が河南県城址であることが確認された。55年の調査では周王城の外郭が判明し,文献に述べるごとく,河南県城が周王城址に築かれたことが確認されたが,その規模は4分の1ほどに狭められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

河南県城址の関連キーワードオープンウオータースイミングOWSバイアスロン御土居南北(朝鮮)間の列車運行数値予報クロスカントリー飛行秦の始皇陵粟島北白川遺跡群

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone