コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河南県城址 かなんけんじょうしHé nán xiàn chéng zhǐ

世界大百科事典 第2版の解説

かなんけんじょうし【河南県城址 Hé nán xiàn chéng zhǐ】

中国,洛陽旧城から西約5kmにある漢代河南県城の跡。1954年の調査によって,澗河東岸の小屯村を中心に広がる東西1485m,南北1410mのほぼ方形の城壁が明らかにされた。城壁の下に戦国墓,城壁上に後漢末の墓があること,出土の土器に〈河市〉〈河南〉の印を押したもののあることから,この城壁が河南県城址であることが確認された。55年の調査では周王城の外郭が判明し,文献に述べるごとく,河南県城が周王城址に築かれたことが確認されたが,その規模は4分の1ほどに狭められている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

河南県城址の関連キーワードオープンウオータースイミングOWSバイアスロン御土居近畿日本鉄道京浜急行電鉄エゴロワ南北(朝鮮)間の列車運行数値予報岡野弥平

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android