河原信可(読み)かわはら のぶよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原信可 かわはら-のぶよし

1842-1908 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)13年生まれ。維新後,柏崎県参事となる。その後,神戸の海運会社偕行会社社長に就任して経営を再建。のち住友の広瀬宰平らとともに大阪港出入の汽船主を統合して大阪商船を創立し,取締役,社長となった。明治41年1月死去。67歳。備前(岡山県)出身。本姓は中川。通称は喜久蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android