コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原信可 かわはら のぶよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原信可 かわはら-のぶよし

1842-1908 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)13年生まれ。維新後,柏崎県参事となる。その後,神戸の海運会社偕行会社社長に就任して経営を再建。のち住友の広瀬宰平らとともに大阪港出入の汽船主を統合して大阪商船を創立し,取締役,社長となった。明治41年1月死去。67歳。備前(岡山県)出身。本姓は中川。通称は喜久蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河原信可の関連キーワード明治時代実業家

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android