コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原信可 かわはら のぶよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原信可 かわはら-のぶよし

1842-1908 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)13年生まれ。維新後,柏崎県参事となる。その後,神戸の海運会社偕行会社社長に就任して経営を再建。のち住友の広瀬宰平らとともに大阪港出入の汽船主を統合して大阪商船を創立し,取締役,社長となった。明治41年1月死去。67歳。備前(岡山県)出身。本姓は中川。通称は喜久蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河原信可の関連キーワード明治時代実業家

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android