コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河合又五郎 かわい またごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河合又五郎 かわい-またごろう

?-1634 江戸時代前期の武士。
備前岡山藩士。渡辺数馬の弟源太夫を殺害し,江戸の旗本安藤次右衛門らにかくまわれる。寛永11年11月7日伊賀(いが)(三重県)上野で数馬とその義兄荒木又右衛門らに襲撃され,討ち死にした。名は忠国。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の河合又五郎の言及

【伊賀越の敵討】より

…江戸時代の著名な敵討の一つ。備前岡山藩主池田忠雄の家臣に渡辺数馬という者があり,1630年(寛永7)7月その弟源太夫が同藩士河合又五郎に殺された。数馬は又五郎の父半左衛門に引渡しを求めたが応ぜず,又五郎を江戸に逃がし,旗本安藤治右衛門,久世三四郎らがこれをかくまった。…

※「河合又五郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河合又五郎の関連キーワードおもな講談の演目伊賀越の仇討ち伊賀越道中双六伊賀越の敵討伊賀の水月山根武兵衛久世広当池田忠雄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android