コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河岸地 かしち

1件 の用語解説(河岸地の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かしち【河岸地】

江戸の市中に発達した水路や江戸湾に沿う物資上げ下ろしの場所。大坂では浜地,京では川端といった。土蔵や納屋が建てられ荷物置場ともなり,また市が開かれ商品取引行われる場所となるところもあった。河岸通りの町家は沽券(こけん)状も高く,また河岸地使用者は冥加金を負担した。火災の延焼防止のため,荷物の高積み禁止などの取締りも厳しかった。日本橋川沿いの魚河岸・四日市河岸(木更津河岸)・米河岸・小舟河岸・行徳河岸,京橋川沿いの白魚河岸・竹河岸などをはじめ,外濠・紅葉川・三十間堀・神田川・隅田川・汐留川・新堀川・江東地区諸水路沿いなどに多くの河岸地があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

河岸地の関連キーワード浦戸湾江戸前廻船集村水路橋武士道高知米問屋意に沿う江戸芸者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河岸地の関連情報