コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河岸地 かしち

世界大百科事典 第2版の解説

かしち【河岸地】

江戸の市中に発達した水路や江戸湾に沿う物資上げ下ろしの場所。大坂では浜地,京では川端といった。土蔵や納屋が建てられ荷物置場ともなり,また市が開かれ商品取引の行われる場所となるところもあった。河岸通りの町家は沽券(こけん)状も高く,また河岸地使用者は冥加金を負担した。火災の延焼防止のため,荷物の高積み禁止などの取締りも厳しかった。日本橋川沿いの魚河岸・四日市河岸(木更津河岸)・米河岸・小舟河岸・行徳河岸,京橋川沿いの白魚河岸・竹河岸などをはじめ,外濠・紅葉川・三十間堀・神田川・隅田川・汐留川・新堀川・江東地区諸水路沿いなどに多くの河岸地があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

河岸地の関連キーワード日本橋魚市場ヌビア遺跡会議王国

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android