沽券(読み)こけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沽券
こけん

「估」とも書き,売券沽却状ともいい,文書の形式から,避文 (さりぶみ) ,去状ともいう。土地,家屋,そのほか諸権利を売却するとき,売主の発行する証文。令制では,土地売買のとき,売主が沽券を出すのではなく,その地の下級支配者である郷長などが,上級の官司 (国郡司) に解文 (げぶみ) を提出して許可をとった。平安時代中期には,売主が直接買主に沽券を渡すようになったが,沽券の様式は,なお解文の形式で書かれ,郷保 (きょうほ) の役人などが証判を加えることが多かった。平安時代末期になると,売主だけの署名か,または私的な証人が連署する沽券に変った。このような私券制に変ると,権利の証明や売買の保証のため,手継証文の交付や,追奪担保文言の記入が必要となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐けん【×沽券/×估券】

《「沽」は売る意》
土地・山林・家屋などの売り渡しの証文。沽却状。沽券状。
人の値うち。体面。品位。
売値。
「そんなら惣地代(そうぢだい)で―はいくら」〈滑・膝栗毛・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐けん【沽券】

〘名〙
① 売買契約を交した際に、売主から買主に与える証文。売券(うりけん)。売券状(うりけんじょう)。売券(ばいけん)。沽却状。沽券証文。沽券状。沽券手形。
※新式目‐弘安七年(1284)五月二〇日・関東御教書「或称相伝請所、或帯沽券質券等、多以領作之由、有其聞
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)三「しからば信乃が成長(ひととな)るまで估券(コケン)は某領かる也」
② 売値。売価。
※雑俳・川柳評万句合‐天明三(1783)満一「あんとんの向ふこけんの高ひとこ」
③ 品位。体面。品格。
※歌舞伎・日月星享和政談(延命院)(1878)六幕「内の沽券(コケン)が町並だから、よもや乞食は客にしめえと、無駄と思って化けこんで」
[語誌](1)古辞書では「沽券」を「コケン」とも「ウリケン」ともよんでいる。
(2)沽券には物件の価格も記されていて、「物件の価格が記された証文」でもあったわけで、そこから②のように「価格」自体をも意味するようになり、さらに③の意味をも派生させたと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の沽券の言及

【沽却】より

…売却すること。中世の土地売却証文は,一般にその冒頭を〈売渡〉〈沽却〉などの文言で書き出すので,〈売券〉〈沽券〉〈沽却状〉などという。平安時代から鎌倉時代前期には,むしろ沽券が一般的といえるが,以後しだいに売券に圧倒されていく。…

【売券】より

…不動産,主としてその上に設定された諸権利を売り渡すときに,売主から買主に渡される私的な証文をいう。中世では沽券(こけん),沽却状(こきやくじよう),近世では売渡状(うりわたしじよう),売渡証文などと称する。 奈良時代には,公田の売買は禁止され,墾田・園地・宅地の売買は許された。…

※「沽券」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沽券の関連情報