コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沽券 こけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沽券
こけん

「估」とも書き,売券沽却状ともいい,文書の形式から,避文 (さりぶみ) ,去状ともいう。土地,家屋,そのほか諸権利を売却するとき,売主の発行する証文。令制では,土地売買のとき,売主が沽券を出すのではなく,その地の下級支配者である郷長などが,上級の官司 (国郡司) に解文 (げぶみ) を提出して許可をとった。平安時代中期には,売主が直接買主に沽券を渡すようになったが,沽券の様式は,なお解文の形式で書かれ,郷保 (きょうほ) の役人などが証判を加えることが多かった。平安時代末期になると,売主だけの署名か,または私的な証人が連署する沽券に変った。このような私券制に変ると,権利の証明や売買の保証のため,手継証文の交付や,追奪担保文言の記入が必要となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐けん【×沽券/×估券】

《「沽」は売る意》
土地・山林・家屋などの売り渡しの証文。沽却状。沽券状。
人の値うち。体面。品位。
売値。
「そんなら惣地代(そうぢだい)で―はいくら」〈滑・膝栗毛・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沽券
こけん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の沽券の言及

【沽却】より

…売却すること。中世の土地売却証文は,一般にその冒頭を〈売渡〉〈沽却〉などの文言で書き出すので,〈売券〉〈沽券〉〈沽却状〉などという。平安時代から鎌倉時代前期には,むしろ沽券が一般的といえるが,以後しだいに売券に圧倒されていく。…

【売券】より

…不動産,主としてその上に設定された諸権利を売り渡すときに,売主から買主に渡される私的な証文をいう。中世では沽券(こけん),沽却状(こきやくじよう),近世では売渡状(うりわたしじよう),売渡証文などと称する。 奈良時代には,公田の売買は禁止され,墾田・園地・宅地の売買は許された。…

※「沽券」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沽券の関連キーワード乎・個・古・呼・固・壺・姑・孤・己・庫・弧・戸・扈・故・枯・沽・湖・狐・糊・股・胡・虎・虚・蠱・袴・誇・錮・雇・顧・鼓係わる・関わる・拘わる奈良屋茂左衛門沽券・估券町絵図河岸地不見識地券江戸沽却

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沽券の関連情報