コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河島維頼 かわしま これより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河島維頼 かわしま-これより

?-? 南北朝時代の武将。
越前(えちぜん)(福井県)の南朝方。建武(けんむ)3=延元元年(1336)新田義貞が後醍醐(ごだいご)天皇の皇子,恒良(つねよし)親王をたて越前金ケ崎城にはいったとき,義貞にしたがう。落城直前に義貞,その弟の脇屋義助とともに杣山(そまやま)城にうつり,ついで三峰城をまもる。のち義助とともに北朝方の斯波(しば)高経軍を破った。通称は左近蔵人

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河島維頼の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android