コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河村光陽 かわむら こうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河村光陽 かわむら-こうよう

1897-1946 昭和時代の作曲家。
明治30年8月23日生まれ。藤井清水,中田章らに師事。小学校音楽教師をつとめながら,合唱会を主宰するなど児童の音楽指導に力をそそぐ。日本の伝統的音楽の要素をいかした「嬉しい雛(ひな)まつり」「かもめの水兵さん」などの童謡を作曲した。昭和21年12月24日死去。50歳。福岡県出身。小倉師範卒。本名は直則。作品はほかに「赤い帽子白い帽子」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の河村光陽の言及

【童謡】より

…また昭和に入ると外国資本の導入によって生産形態を整えたレコード会社が童謡の量産体制に入り,童謡が歌謡曲と並んで商品化された。歌謡曲の世界でも大活躍していた野口雨情作詞,中山晋平作曲のコンビによる《あの町この町》《雨降りお月》や,河村光陽(1897‐1946)作曲の《ひなまつり》など今もよく歌われる歌が輩出した。しかし,子どもの流行歌としての〈レコード童謡〉の量産がその質の低下をもたらし,戦後再び子どもの歌の運動が起きた。…

※「河村光陽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

河村光陽の関連キーワードうれしいひなまつり仲よし小道河村 順子武内 俊子福智(町)小牧まり昭和時代かもめ水兵

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android