コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河村光陽 かわむら こうよう

1件 の用語解説(河村光陽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河村光陽 かわむら-こうよう

1897-1946 昭和時代の作曲家。
明治30年8月23日生まれ。藤井清水,中田章らに師事。小学校音楽教師をつとめながら,合唱会を主宰するなど児童の音楽指導に力をそそぐ。日本の伝統的音楽の要素をいかした「嬉しい雛(ひな)まつり」「かもめの水兵さん」などの童謡を作曲した。昭和21年12月24日死去。50歳。福岡県出身。小倉師範卒。本名は直則。作品はほかに「赤い帽子白い帽子」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の河村光陽の言及

【童謡】より

…また昭和に入ると外国資本の導入によって生産形態を整えたレコード会社が童謡の量産体制に入り,童謡が歌謡曲と並んで商品化された。歌謡曲の世界でも大活躍していた野口雨情作詞,中山晋平作曲のコンビによる《あの町この町》《雨降りお月》や,河村光陽(1897‐1946)作曲の《ひなまつり》など今もよく歌われる歌が輩出した。しかし,子どもの流行歌としての〈レコード童謡〉の量産がその質の低下をもたらし,戦後再び子どもの歌の運動が起きた。…

※「河村光陽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

河村光陽の関連キーワード阿部武雄大木正夫清瀬保二佐藤勝渡久地政信船村徹松島彜梁田貞米山正夫ヴォルフ=フェラーリ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河村光陽の関連情報