コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井清水 ふじい きよみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井清水 ふじい-きよみ

1889-1944 大正-昭和時代前期の作曲家,民謡研究家。
明治22年2月17日生まれ。山田耕筰(こうさく)に師事。作曲の素材として日本民謡の収集をはじめ,町田佳声(かしょう)に協力して,「日本民謡大観」(関東・東北編)の採譜を担当した。昭和19年3月25日死去。56歳。広島県出身。東京音楽学校(現東京芸大)卒。代表作に「犬山音頭」「佐渡が島」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤井清水

没年:昭和19.3.25(1944)
生年:明治22.2.17(1889)
明治から昭和にかけての作曲家,民謡研究家。広島県呉市生まれ。大正5(1916)年東京音楽学校(東京芸大音楽学部)甲種師範科卒業。小倉高等女学校教諭,大阪市立市民館嘱託,武蔵野女子学院講師を務める。日本の音楽,特に民謡の収集,五線譜記録や研究を通して,民族性を基調とした独自の作風を創りあげた。歌曲,民謡など声楽曲に優れた作品を多数残しており,山田耕筰にも高く評価されている。町田嘉章(佳声)に協力して,NHKの『日本民謡大観』(1944~93)の関東,東北各篇の採譜を担当。作品に「佐渡が島」「河原柳」「おかよ」「犬山音頭」「信田の藪」など。<参考文献>呉市昭和地区郷土史研究会編『作曲家藤井清水(増訂版)』,金田一春彦編『藤井清水歌曲集』

(大貫紀子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の藤井清水の言及

【音階】より

…田辺は,陰音階による陰旋法基本形をミファラシド,陽音階による陽旋法基本形をレミソラシとした。しかし,日本の音楽全体に通ずる音階の基礎を考える際に最も重要なものは,これまでむしろ軽視されていた民謡の音階で,藤井清水,町田嘉章,下総皖一らの研究により,昭和になってから,民謡音階の理論的性格がしだいに明らかになってきた。こうした民謡(〈わらべうた〉を含む)を,日本音階全体の基礎として,その他の音階の分析や体系化に役だたせようとすれば,だいたい次のように体系づけることができる。…

【童謡】より

…鈴木三重吉が〈子供たちの学校の唱歌なぞが,その歌章と附曲と二つながら,いかに低俗な機械的なものであるかといふことは,最早罵倒するにさへ価しない〉と述べているように,徹底した学校の唱歌の批判の上に立っていた。作曲は初め成田為三があたり,次いで山田耕筰が加わり弘田竜太郎,藤井清水(1889‐1944),草川信(1893‐1948),中山晋平ら当時の第一級の音楽家が参加していた。詩がわらべうたなどの日本の伝統の上に立とうとしていたのに対し,曲は西洋音楽を基礎とし伝統とはほど遠いものであった。…

【民謡】より

…1914年,文部省文芸委員会が全国道府県から集めた郷土の歌を《俚謡集》と名づけて刊行したのもその意味で,レコードもその種の歌を俚謡と銘打って売り出すことが多かった。しかし大正年間(1912‐26)からはしだいに民謡の語が普及し,宮城県出身の後藤桃水(とうすい)らが1922年に大日本民謡研究会を組織したり,北原白秋,野口雨情,中山晋平,藤井清水(きよみ)(1889‐1944)らの詩人・音楽家が新民謡運動を興したりして,いつしか民謡は従来の俚謡・俗謡以外にも,芸人の手で洗練された地方歌,俚謡の形式と気分を生かした創作歌謡までを含む広い概念のものになった。
[民謡の種類]
 日本民俗学の祖柳田国男は,民謡を〈平民のみずから作り,みずから歌っている歌〉(《民謡の今と昔》),〈作者のない歌,捜しても作者のわかるはずのない歌〉(《民謡覚書》)などと規定し,そうした歌謡の歌われる場と目的の面から民謡の種類を次のように分類した。…

※「藤井清水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤井清水の関連キーワード河村 光陽本居長世河村光陽南蛮音頭磯原節童謡

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android