河村季興(読み)かわむら すえおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河村季興 かわむら-すえおき

1821-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政4年1月12日生まれ。三条西季知(すえとも)に諸大夫としてつかえる。文久3年(1863)八月十八日の政変で季知ら七卿にしたがい長門(ながと)(山口県)にいく。主命により無実をうったえるため京都に潜入しようとしたが捕らえられ,元治(げんじ)元年7月20日六角獄で斬殺された。44歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android