コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河津省庵 かわづ せいあん

2件 の用語解説(河津省庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河津省庵 かわづ-せいあん

1800-1852 江戸時代後期の医師。
寛政12年生まれ。古医方をおさめたのち,蘭方医学緒方洪庵らにまなぶ。さらに芳川波山(はざん)に師事し,武蔵(むさし)忍(おし)藩(埼玉県)藩医となった。人体解剖や種痘をおこない,眼科にも通じた。嘉永(かえい)5年8月18日死去。53歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。名は卓。字(あざな)は子立。著作に「医則発揮」「内景図」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

河津省庵

没年:嘉永5.8.18(1852.10.1)
生年:寛政12(1800)
江戸後期の漢蘭折衷医。相模国(神奈川県)相原生まれ。名は卓,字は子立。忍藩(埼玉県行田市)の侍医芳川波山について漢学と古医方を学び,同藩で開業し,侍医にもあげられた。のち蘭学も学び,数回にわたって解剖に従事し『医則発揮』5巻(1852)を著した。これは古医方の生理学書というべきもので,実体凝流説,四質四官説,三部区別説などの新しい説を述べている。<著作>『内景図』『治療大全』『胎育全書』<参考文献>富士川游「河津省庵先生」(『富士川游著作集』7巻)

(深瀬泰旦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河津省庵の関連キーワード神奈川県国府津相模湖道志川奥村茶山五味台右衛門中村宗平野呂天然溝口桂巌

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone