河津 清三郎(読み)カワヅ セイザブロウ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の俳優



生年
明治41(1908)年8月31日

没年
昭和58(1983)年2月20日

出生地
東京市日本橋区蠣殻町

本名
中島 誠一(ナカジマ セイイチ)

別名
別名=河津 精一,河津 史郎

経歴
大正15年に阪東妻三郎の立花ユニヴァーサル連合映画入社、映面俳優として「青蛾」(昭和2年)でデビューした。マキノプロに移籍後、「首の座」(4年)などに主演。東映の「魚河岸石松」(28年)などでコミカルな演技の主役を務めたが、もっぱら個性派のワキ役として活躍。マキノ監督の「次郎長三国志」(27〜29年)シリーズの大政役、岡本喜八監督の「暗黒街の顔役」(34年)などの大物悪役の演技で知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
俳優

本名
中島 誠一(ナカジマ セイイチ)

別名
別名=河津 精一,河津 史郎

生年月日
明治41年 8月31日

出生地
東京市 日本橋区蠣殻町(東京都)

経歴
大正15年に阪東妻三郎の立花ユニヴァーサル連合映画入社、映面俳優として「青蛾」(昭和2年)でデビューした。マキノプロに移籍後、「首の座」(4年)などに主演。東映の「魚河岸の石松」(28年)などでコミカルな演技の主役をつとめたが、もっぱら個性派のワキ役として活躍。マキノ監督の「次郎長三国志」(27〜29年)シリーズの大政役、岡本喜八監督の「暗黒街の顔役」(34年)などの大物悪役の演技で知られた。

没年月日
昭和58年 2月20日 (1983年)

伝記
巣鴨撮影所物語―天活・国活・河合・大都を駆け抜けた映画人たち新興チャンバラ黄金時代―石割平コレクション 渡辺 武男 著石割 平 編・著,円尾 敏郎 編(発行元 西田書店ワイズ出版 ’09’01発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android