河羨録(読み)カセンロク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河羨録
かせんろく

1723年(享保8)に津軽采女(つがるうねめ)の書いた現存する最古の釣りの本である。上中下3巻よりなる。上巻は江戸前の120か所の釣り場について詳細に記述され、中巻は竿(さお)、鉤(はり)、糸などの釣り具と餌(えさ)について述べている。下巻では釣りの季節、天候の見方などの各種口伝類が集められている。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かせんろく【河羨録】

釣りの解説書。一冊。寛保三年(一七四三)頃成立か。黒石藩主、津軽采女正著。江戸湾を中心とした魚釣りの技術について解説したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android