コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河羨録 カセンロク

2件 の用語解説(河羨録の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かせんろく【河羨録】

江戸中期の釣りの解説書。3巻。津軽采女正(つがるうねめのしょう)著。享保8年(1723)成立。江戸前の釣りについて述べたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河羨録
かせんろく

1723年(享保8)に津軽采女(つがるうねめ)の書いた現存する最古の釣りの本である。上中下3巻よりなる。上巻は江戸前の120か所の釣り場について詳細に記述され、中巻は竿(さお)、鉤(はり)、糸などの釣り具と餌(えさ)について述べている。下巻では釣りの季節、天候の見方などの各種口伝類が集められている。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone