コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河羨録 カセンロク

デジタル大辞泉の解説

かせんろく【河羨録】

江戸中期の釣りの解説書。3巻。津軽采女正(つがるうねめのしょう)著。享保8年(1723)成立。江戸前の釣りについて述べたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河羨録
かせんろく

1723年(享保8)に津軽采女(つがるうねめ)の書いた現存する最古の釣りの本である。上中下3巻よりなる。上巻は江戸前の120か所の釣り場について詳細に記述され、中巻は竿(さお)、鉤(はり)、糸などの釣り具と餌(えさ)について述べている。下巻では釣りの季節、天候の見方などの各種口伝類が集められている。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

河羨録の関連キーワード根本順吉天気

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android