河西昌枝(読み)かさいまさえ

  • 河西昌枝 かさい-まさえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1933.7.14. 山梨
[没]2013.10.3. 東京
バレーボール選手。結婚後の名は中村昌枝。1964年東京オリンピック競技大会で優勝した全日本女子バレーボールチームの主将。1952年巨摩高等学校を卒業後,大日本紡績(日紡。→ユニチカ)足利工場に入社。1953年新設の貝塚工場(日紡貝塚)へ移った。以後大松博文監督の猛練習に耐え,セッターとしてチームの中心的存在となった。1962年ソビエト連邦のモスクワで行なわれた世界選手権大会に日紡貝塚が単独で出場,当時無敵のソ連をくだして優勝し,「東洋の魔女」といわれて一躍有名になった。東京オリンピックでは,日紡貝塚を中心とした日本チームの主将としてソ連を再び破り金メダルを獲得,日本中を沸かせた。1965年引退。その後は家庭婦人のママさんバレーボールを指導するなど,バレーボールの普及,指導に努めた。2004年のアテネ・オリンピック競技大会で,全日本女子バレーボールチームの団長を務めた。2008年バレーボール殿堂入りを果たした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河西昌枝の関連情報