コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河越氏 かわごえうじ

1件 の用語解説(河越氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かわごえうじ【河越氏】

武蔵国入間郡河越(河肥)荘を本領とする中世の武家。桓武平氏秩父流。秩父重弘の弟重隆が河越荘司となって河越を称したのに始まる。重隆の孫重頼は1180年(治承4)の源頼朝挙兵時には平家方に属したが,のち同族の畠山重忠江戸重長らとともに頼朝の麾下(きか)に参じた。頼朝の乳母比企尼の娘を妻としていたこともあって頼朝に重用され,84年(元暦1)には頼朝との〈約諾〉によりその娘を義経に嫁して,源氏との縁戚関係をさらに深めたが,頼朝と義経との関係が悪化し,頼朝が義経追討を決意するに及んで重頼は最悪の事態を迎える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の河越氏の言及

【武蔵国】より

…直接の影響はともあれ,11世紀の平忠常の乱と12世紀初頭の浅間山の大爆発は,奇しくも当国の古代と中世とを画する事件となったといえよう。
[武蔵武士]
 12世紀の盛んな開発,再開発の運動の中から,秩父氏畠山氏河越氏江戸氏など良文流の平氏諸流や武蔵七党などに属する多くの武士団が生まれると,彼らを上から組織しようとする棟梁間の抗争も始まり,1155年(久寿2)には源義朝の子義平が叔父義賢を急襲した大倉館の合戦なども起きている。そして翌年の保元の乱ならびに平治の乱には,ここで勝利した義朝に従って多くの関東武士が京都で合戦している。…

※「河越氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

河越氏の関連キーワード御国入り『武蔵野』宇佐美祐茂江戸重長粕谷義三河越重頼高麗若光村野盛政毛呂季光吉川温恭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone