コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誅伐 チュウバツ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐ばつ【×誅伐】

[名](スル)罪ある者を攻め討つこと。「朝敵を誅伐する」
「―と脅迫とによって事を済まそうと思い立った」〈鴎外大塩平八郎

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうばつ【誅伐】

( 名 ) スル
罪のある者を討つこと。 「対馬守源義親-せられしよりこのかた/平治 中・古活字本

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

誅伐の関連キーワード丑・中・仲・厨・宙・忠・抽・昼・晝・柱・沖・注・疇・籌・虫・蟲・衷・註・誅・躊・鋳・鑄・駐伐・抜・拔・末・罰・跋・閥ブフム(不忽木)大塩平八郎の乱竹の下の戦い土佐房昌俊多賀大社建武新政室町時代足利尊氏毛利元就新田義貞楠木正成蘇我蝦夷少弐経資北条時房清水義高北条貞時禅譲放伐少弐景資

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

誅伐の関連情報