コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野通勢 こうの

美術人名辞典の解説

河野通勢

洋画家・日本画家。群馬県生。上京して岸田劉生親交草土社同人となる。のち春陽会会員・国画会会員。はじめ洋画・エッチングを手掛けたが、のち日本画も描く。また、長与善郎の『項羽劉邦』をはじめとする大衆小説挿絵にも活躍した。春陽会会員、のち国画会同人。昭和25年(1950)歿、56才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野通勢 こうの-みちせい

1895-1950 大正-昭和時代の洋画家。
明治28年6月10日生まれ。大正3年第1回二科展に入選。岸田劉生(りゅうせい)のすすめで草土社同人となり,13年春陽会賞を受賞。昭和4年国画会会員。銅版画や新聞小説の挿絵もおおい。昭和25年3月31日死去。54歳。群馬県出身。長野中学卒。作品に「自画像」「ピクニック」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河野通勢の関連キーワード関根正二昭和時代

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河野通勢の関連情報