コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野通勢 こうの

2件 の用語解説(河野通勢の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

河野通勢

洋画家・日本画家。群馬県生。上京して岸田劉生と親交、草土社同人となる。のち春陽会会員・国画会会員。はじめ洋画・エッチングを手掛けたが、のち日本画も描く。また、長与善郎の『項羽と劉邦』をはじめとする大衆小説の挿絵にも活躍した。春陽会会員、のち国画会同人。昭和25年(1950)歿、56才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野通勢 こうの-みちせい

1895-1950 大正-昭和時代の洋画家。
明治28年6月10日生まれ。大正3年第1回二科展に入選。岸田劉生(りゅうせい)のすすめで草土社同人となり,13年春陽会賞を受賞。昭和4年国画会会員。銅版画や新聞小説の挿絵もおおい。昭和25年3月31日死去。54歳。群馬県出身。長野中学卒。作品に「自画像」「ピクニック」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

河野通勢の関連キーワード黒田重太郎高畠達四郎油谷達有馬三斗枝栗原信田中万吉硲伊之助不破章松本弘二宮坂勝

河野通勢の関連情報