コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油屋紹佐 あぶらや じょうさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

油屋紹佐 あぶらや-じょうさ

?-? 戦国-織豊時代の茶人。
油屋常祐(じょうゆう)の一族で,堺(さかい)の町人。武野紹鴎(たけの-じょうおう)にまなぶ(一説に利休門下とも)。天正(てんしょう)元年(1573)茶僧古渓宗陳(こけい-そうちん)が大徳寺にはいるのをいわって銭30貫文を寄付した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

油屋紹佐の関連キーワード油屋常祐茶人

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android