コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油津港

2件 の用語解説(油津港の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

油津港

宮崎県にある港。1953年2月設立。古くは「油之津」と呼ばれ、大陸との交易で発達。倭寇の拠点ともなった。江戸時代には木材の積出港。港湾管理者は、宮崎県。重要港湾(1952年2月指定)。漁港適用。港湾区域面積は、271ヘクタール。韓国釜山港との間に定期コンテナ航路がある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

油津港

宮崎港、細島港とともに重要港湾のひとつ。貨物取扱量は両港に次いで県内3番目。10の岸壁があり、大型船対応の10号岸壁は深さ12メートル、長さ240メートル。太平洋側にある港では九州で唯一、4月から16万トン級の船が入港可能になった。

(2015-05-02 朝日新聞 朝刊 宮崎全県・2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

油津港の関連キーワード熊野江港黒井港高鍋港延岡港延岡新港原港平岩港細島港峰港宮崎港

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

油津港の関連情報