コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油糟 あぶらかす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

油糟
あぶらかす

江戸時代前期の俳諧論書。松永貞徳著。寛永 20 (1643) 年刊。『新増犬筑波集』の上巻で,下巻の『淀川』とあわせて1巻。山崎宗鑑の『犬筑波集所収付合 (つけあい) の前句に,新しく付句を試みて手本を示したもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あぶらかす【油糟】

俳諧論書。長頭丸ちようずまる(松永貞徳)著。1643年刊。「新増犬筑波集」の上巻。「犬筑波集」の前句を借り、自派の付句の方法を示したもの。巻末の俳諧式目和歌十首の精神は、後続の俳諧式目の基礎をなした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

油糟の関連キーワード俳諧式目油粕御傘俳論

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android