犬筑波集(読み)いぬつくばしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犬筑波集
いぬつくばしゅう

室町時代の「俳諧之連歌」集。山崎宗鑑編。1冊。天文年間 (1532~55) 成立。古写本には『誹諧連歌』『誹諧連歌抄』,近世になって出版された版本には『新撰犬筑波集』とあり,『犬筑波集』と通称されている。四季,恋,雑の付句および発句の部から成る。当時世間に流布した句を採録,編集したもので,作者は無記名で大部分は作者不明だが,まれに宗祇宗長,兼載,宗碩,守武,宗鑑など作者の知られるものもある。作風は自由奔放,哄笑の声が聞えてきそうなおおどかさで,談林俳諧の展開に大きな影響を与えた。『竹馬狂吟集 (ちくばきょうぎんしゅう) 』とともに,初期俳諧を知るうえに最も重要な資料。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いぬつくばしゅう〔いぬつくばシフ〕【犬筑波集】

室町後期の俳諧集。1冊。山崎宗鑑編。享禄(1528~1532)末から天文(1532~1555)初年前後の成立か。卑俗でこっけいな表現を打ち出し、俳諧連歌から独立する契機となった。俳諧連歌抄。新撰犬筑波集。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

犬筑波集【いぬつくばしゅう】

室町後期の俳諧(はいかい)撰集。1冊。《新撰犬筑波集》《俳諧連歌抄》とも。山崎宗鑑の撰とされる。1524年―1540年の間に成立か。異本が多く,句数の異同が激しいが,多いものでは付句約330,発句約50。当時の俳諧連歌の秀作を収集したもので,《守武千句》とともに後代の俳諧に大きな影響を与えた。作者名は記されていないが,宗祇宗長猪苗代兼載荒木田守武ら,および宗鑑の作と判明するものがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いぬつくばしゅう【犬筑波集】

俳諧撰集。宗鑑(そうかん)編。慶長(1596‐1615)ころ刊。1冊。《新撰犬筑波集》の略称で,《菟玖波集(つくばしゆう)》などの連歌撰集に対して卑俗な俳諧の連歌の撰集の意。宗鑑編纂当時の書名は《誹諧連歌抄》《誹諧連歌》であったことが確実で,1524年(大永4)ころから40年(天文9)ころまでの間に編纂されたと推定される。逐次改編増補されたらしく,古写本は伝本によって内容の異同がはなはだしい。収録句の作者名はすべて無記名で,なかには宗祇,宗長,宗碩(そうせき),兼載などの著名な連歌師の作品や,守武(もりたけ)および編者宗鑑自身の作品も含まれているが,大半は作者不明のままであり,《新撰菟玖波集》成立(1495)後まもない当時の俳諧の盛行ぶりを推察するに足る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いぬつくばしゅう【犬筑波集】

俳諧撰集。山崎宗鑑編。享禄(1528~1532)末から天文(1532~1555)初年頃に成るか。俳諧が文芸として独立する機運を示した句集。奔放な作風は次に来る貞門派よりも、むしろ談林俳諧に受け継がれた。誹諧連歌。誹諧連歌抄。新撰犬筑波集。犬筑波。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

犬筑波集
いぬつくばしゅう

室町後期の俳諧(はいかい)集。宗鑑(そうかん)編。1530年前後(享禄・天文初年)に成る。書名は、宗鑑自筆本や古写本には「誹諧連歌抄(れんがしょう)」などとあり、江戸初期の刊本に至って『新撰(しんせん)犬筑波集』と題された。主として編者と同時代人の発句(ほっく)、付句(つけく)を収録した撰集で、室町時代の俳諧を知る文献として『守武(もりたけ)千句』と双璧(そうへき)をなす。編者は卑俗、滑稽(こっけい)という俳諧の本質にかなった傑作を精選したらしく、そこには、技法的にみれば縁語、掛詞(かけことば)、もじり、比喩(ひゆ)見立て、非論理反常識などの言語機知による笑いがあり、素材的にみれば卑俗語の自由な使用や、卑猥(ひわい)、不道徳による闊達(かったつ)な笑いが満ちて、日本語による滑稽表現のあらゆる可能性がすでに出尽くしている観さえある。[今 栄蔵]
『鈴木棠三校注『犬つくば集』(角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android