コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎宗鑑 やまざき そうかん

8件 の用語解説(山崎宗鑑の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山崎宗鑑

室町後期の連歌師。近江生。名は範重、通称は弥三郎。一休宗純について悟道する。のち山崎に隠棲した。天文22年(1553)歿、89才。経歴については諸説あり。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまざき‐そうかん【山崎宗鑑】

室町後期の連歌師・俳人。近江(おうみ)の人。本名、志那弥三郎範重。将軍足利義尚に仕え、のち出家して山城国山崎に閑居したという。「新撰犬筑波集」の編者。荒木田守武とともに俳諧の祖とされる。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山崎宗鑑【やまざきそうかん】

宗鑑

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎宗鑑 やまざき-そうかん

?-? 室町-戦国時代の連歌師,俳人。
山城(京都府)の山崎にすんだので,その名でよばれる。はじめ宗祇(そうぎ)らと連歌をつくる。滑稽(こっけい)機知の句風にむかい,俳諧(はいかい)撰集「犬筑波(いぬつくば)集」を編集。宗長,荒木田守武らとまじわり,俳諧創始者のひとりとされた。宗鑑流の書でも知られる。出自,経歴などには諸説あり,天文8年(1539)または9年に77-86歳で没したという。
【格言など】宗鑑はいづくへ行くと人問はばちとようありてあの世へといへ(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山崎宗鑑

没年:天文8~10?(1539~41)
生年:生年不詳
室町時代の俳諧作者。山崎姓は山城国(京都府)山崎に住んでいたことによる通称。通説に,近江国(滋賀県)出身で俗名を志那弥三郎範重,室町幕府将軍足利義尚に仕えた,また讃岐国(香川県)興昌寺に没したとするのには確たる根拠がない。長享2(1488)年摂津の能勢頼則興行の千句にその名がみえ,連歌師を職としたらしい。一休宗純に参禅,また宗鑑流と称される能書家で,人々の依頼を受けて数々の古典を書写している。さらに当時言捨て(正式に書きとめない句)であった俳諧付合を収集して『犬筑波集』(古くは『俳諧連歌抄』と呼ばれた)を編み,自らも俳諧連歌に巧みで,「追ひ付かん追ひ付かんとや思ふらん」に「高野聖のあとの槍持ち」と付け,前句の「追ひ付く」を同音の「笈(高野聖が背負う箱)突く」に転じてみせるなど,その機知は冴えている。『犬筑波集』の俳諧は,高踏的な連歌に対し,庶民世界を面白く詠みあげており,近世俳諧の先駆をなすものであった。江戸時代には荒木田守武と並んで俳諧の鼻祖と称えられ,その奔放な滑稽世界にふさわしい,反俗,洒脱,清貧の隠者のイメージに作り上げられた。山崎の地で自ら竹を切り油筒を売っていたとか,草庵の入り口に人を追い返すべく,客を上中下に分ける札を掲げていたとか,辞世に「宗鑑はいづくへ行くと人問はばちと用(癰)ありてあの世へといへ」と詠んだなどという逸話がそれを物語る。<参考文献>吉川一郎『山崎宗鑑伝』,木村三四吾「山崎宗鑑」(明治書院『俳句講座』2巻)

(沢井耐三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やまざきそうかん【山崎宗鑑】

室町後期の連歌師・俳人。俳諧撰集の先駆的な位置を占める「新撰犬筑波集しんせんいぬつくばしゆう(「誹諧連歌抄」)」の撰者。後世、荒木田守武とともに俳諧の祖と仰がれた。1539年以後、八〇歳前後で没。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山崎宗鑑
やまざきそうかん

室町時代後期の俳人,連歌作者。氏名,出自未詳。近江の人で志那弥三郎範重 (一説に範永) といい,足利義尚 (一説に義輝) に仕え,主君没後,摂津国尼崎,山城国山崎 (この地名を姓のようにいう) ,讃岐観音寺などに住したという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山崎宗鑑
やまざきそうかん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山崎宗鑑の言及

【宗鑑】より

…生没年を含め伝記の詳細は不明で,本名は支那範重あるいは範永(範長)。近江源氏佐々木氏の出で,将軍足利義尚(義輝とも)に出仕,のち出家して尼崎,山城国薪の地を経て同国の洛西山崎に対月庵(妙喜庵)を結んだと伝え,山崎宗鑑とよばれる。若年のころに宗祇,肖柏らと一座した連歌作品も残るが,名を高めたのは俳諧における活躍で,《守武(もりたけ)千句》跋文や《宗長手記》はその姿をよく伝えている。…

※「山崎宗鑑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山崎宗鑑の関連キーワード末吉宗鑑俳諧文庫非茶意雲高師英重阿真木嶋氏山城国分寺跡杉姫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山崎宗鑑の関連情報