新増犬筑波集(読み)しんぞういぬつくばしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

しんぞういぬつくばしゅう【新増犬筑波集】

俳諧論書。貞徳著。1643年(寛永20)刊。上巻〈油糟(あぶらかす)〉と下巻〈淀川〉の2部から成る。上巻では《犬筑波集》の前句に複数の自句を付け,下巻では〈俳言(はいごん)無し〉〈正体無し〉など同集の付合(つけあい)を批判,第三の自句を付け足しその付心(つけごころ)を説明するなど,中世の蕪雑な俳風を革新して,俳諧の文学的確立を期した。結果としては《犬筑波集》に見られた生気をなくし,上品さが強調されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android