新増犬筑波集(読み)しんぞういぬつくばしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

しんぞういぬつくばしゅう【新増犬筑波集】

俳諧論書。貞徳著。1643年(寛永20)刊。上巻〈油糟あぶらかす)〉と下巻〈淀川〉の2部から成る。上巻では《犬筑波集》の前句に複数の自句を付け,下巻では〈俳言(はいごん)無し〉〈正体無し〉など同集の付合(つけあい)を批判,第三の自句を付け足しその付心(つけごころ)を説明するなど,中世の蕪雑な俳風を革新して,俳諧の文学的確立を期した。結果としては《犬筑波集》に見られた生気をなくし,上品さが強調されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんぞういぬつくばしゅう シンゾウいぬつくばシフ【新増犬筑波集】

俳諧論書。二冊。松永貞徳著。寛永二〇年(一六四三)刊。上巻を「油糟」、下巻を「淀川」と称する。「油糟」では、「犬筑波集」の前句に付句を数句あるいは十数句付けなおし、「淀川」では、「犬筑波集」の付合を批判しながら、その付合にみずからの句を三句目に付け足し、かつその付け心を自解している。全体として一六世紀の「犬筑波集」の作風の古さを批判し、寛永の新風のあるべきさまを示したもの。「犬筑波集」の句風にくらべ、一句の意味が通り、おだやかな句作りになってきているが、自由奔放な生気が消失している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android