コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新増犬筑波集 しんぞういぬつくばしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

しんぞういぬつくばしゅう【新増犬筑波集】

俳諧論書。貞徳著。1643年(寛永20)刊。上巻〈油糟(あぶらかす)〉と下巻〈淀川〉の2部から成る。上巻では《犬筑波集》の前句に複数の自句を付け,下巻では〈俳言(はいごん)無し〉〈正体無し〉など同集の付合(つけあい)を批判,第三の自句を付け足しその付心(つけごころ)を説明するなど,中世の蕪雑な俳風を革新して,俳諧の文学的確立を期した。結果としては《犬筑波集》に見られた生気をなくし,上品さが強調されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

新増犬筑波集の関連キーワードわにる無常講俳論

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android