治五右衛門(初代)(読み)じごえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

治五右衛門(初代) じごえもん

?-? 織豊-江戸時代前期の蒔絵(まきえ)師。
越中(富山県)城端(じょうはな)の人。天正(てんしょう)年間(1573-92)長崎で中国人から密陀僧(みつだそう)(一酸化鉛)による彩漆技法をならい,郷里にかえって城端蒔絵(治五右衛門塗)の基礎をきずいた。姓は畑。名は好永(よしなが)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android