コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

治五右衛門(初代) じごえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

治五右衛門(初代) じごえもん

?-? 織豊-江戸時代前期の蒔絵(まきえ)師。
越中(富山県)城端(じょうはな)の人。天正(てんしょう)年間(1573-92)長崎で中国人から密陀僧(みつだそう)(一酸化鉛)による彩漆技法をならい,郷里にかえって城端蒔絵(治五右衛門塗)の基礎をきずいた。姓は畑。名は好永(よしなが)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

治五右衛門(初代)の関連キーワード越中

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android