城端(読み)じょうはな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

城端
じょうはな

富山県南西部,南砺市中央部の旧町域。砺波平野南端に位置する。 1952年城端町 (1889年町制) と大鋸屋 (おがや) 村,北野村,南山田村,蓑谷 (みのたに) 村の4村が合体して成立。 2004年村,上平村,利賀村,井波町,井口村,福野町,福光町と合体して南砺市となった。中心地区は飛騨山地五箇山のふもとの市場町として栄えた。蓮如上人開基の善徳寺が天正1 (1573) 年に移されてからは門前町としても発達した。絹,人絹合成繊維の各織物業のほか,スキー,ラケットなどの木工業が行なわれ,弱電機部品工場が立地。9月中旬のむぎや祭は唄と踊りでにぎわう。南部の山地に林道温泉ミズバショウの自生地縄ヶ池がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

城端
じょうはな

富山県南西部、東礪波(ひがしとなみ)郡にあった旧町名(城端町(まち))。現在は南砺(なんと)市の中央部を占める一地区。旧城端町は1889年(明治22)町制施行。1952年(昭和27)南山田、大鋸屋(おがや)、北野、蓑谷(みのだに)の4村と合併。2004年(平成16)東礪波郡井波(いなみ)町、福野(ふくの)町、平(たいら)村、上平(かみたいら)村、利賀(とが)村、井口(いのくち)村、西礪波郡福光(ふくみつ)町と合併、市制を施行して南砺市となる。旧町域は、礪波平野の南端高清水(たかしょうず)山地西麓(せいろく)の旧扇状地と山田川の段丘からなる。JR城端線の終点で、五箇山(ごかやま)へ通じる国道304号は、かつては峠越えの難所であったが、1984年(昭和59)に五箇山トンネルが開通している。中心地区の城端は山田川に臨み、中世末に福光(ふくみつ)から移転してきた真宗の名刹(めいさつ)善徳寺の門前町として発展、また近世以降、五箇山の養蚕を背景に製糸、絹織物業が行われ、いまも織物工場が残る。八幡(はちまん)社の曳山(ひきやま)行事(城端神明宮祭の曳山行事)は国の重要無形民俗文化財である。北西部の立野ヶ原(たてのがはら)はかつては陸軍の演習地で、第二次世界大戦後入植が始まり、野菜団地となっている。高清水山西麓には林道(りんどう)温泉があり、その南東方の縄ヶ池(なわがいけ)はミズバショウの群生で知られる。[深井三郎]
『『城端町史』(1959・城端町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうはな ジャウはな【城端】

富山県南砺市の地名。旧町名。市街地は礪波(となみ)平野の南西端にあり、五箇山へ通じる街道に沿い、蓮如上人開基の善徳寺の門前町として発展。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

城端の関連情報