コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一酸化鉛 イッサンカナマリ

デジタル大辞泉の解説

いっさんか‐なまり〔イツサンクワ‐〕【一酸化鉛】

黄色または赤色の鉛の酸化物。酸にもアルカリにも溶ける。融解した鉛に空気を吹き込むか、硝酸鉛などを熱分解して作ったものは黄色で、金密陀(きんみつだ)とよばれ、これを融解して冷却したものは橙赤色で、密陀僧(みつだそう)リサージ)とよばれる。鉛ガラス・釉薬・顔料の原料、ゴムの加硫促進剤などに使用。化学式PbO

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっさんかなまり【一酸化鉛】

酸化鉛

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一酸化鉛
いっさんかなまり

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の一酸化鉛の言及

【酸化鉛】より

…溶融した鉛を空気中で表面酸化するか,シュウ酸鉛PbC2O4を二酸化炭素中で加熱して得られる黒色の無定形物質。
[酸化鉛(II)]
 一酸化鉛ともいう。化学式PbO。…

※「一酸化鉛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一酸化鉛の関連情報