泉野利喜蔵(読み)いずの りきぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泉野利喜蔵 いずの-りきぞう

1902-1944 大正-昭和時代前期の社会運動家。
明治35年4月9日生まれ。大正11年全国水平社の創立に,郷里堺(さかい)の青年をひきいて参加。12年高橋貞樹をむかえ,社会科学の研究会をひらく。同年の国粋会との衝突事件により,15年投獄される。昭和3年本部常任となり,組織の維持存続につくした。4年堺市会議員。昭和19年5月3日死去。43歳。関西大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android