コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉野利喜蔵 いずの りきぞう

1件 の用語解説(泉野利喜蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泉野利喜蔵 いずの-りきぞう

1902-1944 大正-昭和時代前期の社会運動家。
明治35年4月9日生まれ。大正11年全国水平社の創立に,郷里堺(さかい)の青年をひきいて参加。12年高橋貞樹をむかえ,社会科学の研究会をひらく。同年の国粋会との衝突事件により,15年投獄される。昭和3年本部常任となり,組織の維持存続につくした。4年堺市会議員。昭和19年5月3日死去。43歳。関西大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

泉野利喜蔵の関連キーワード外狩素心庵鹿熊久安川島立男斎藤巍洋志賀山せい(6代)鈴木ひでる滝沢静子西健望月重雄吉田良三

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone