コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法定監査 ホウテイカンサ

2件 の用語解説(法定監査の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうてい‐かんさ〔ハフテイ‐〕【法定監査】

法律に基づき公認会計士監査法人が行う会計監査。資本金5億円以上または負債200億円以上の株式会社を対象とする会社法監査、株式を上場している会社や日本証券業協会に株式を登録している会社を対象とする金融商品取引法監査のほか、労働組合監査・学校法人監査などがある。→任意監査

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

法定監査

会社法は資本金5億円以上または負債額200億円以上の株式会社に対し、貸借対照表損益計算書などの計算書類が適法につくられているかどうか、事業年度ごとに公認会計士監査法人の監査を受けるよう義務づけている。丸美は資本金約10億6千万円。法務省によると、監査を受けなかった場合の罰則はないが、会計監査人を置かなかったり、会計監査報告書が虚偽だったりした場合は取締役などを100万円以下の過料に処すと定めている。

(2009-01-22 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の法定監査の言及

【会計監査】より

…この監査報告書は,企業の外部利害関係者に対して財務諸表の信頼性の程度を明らかにする資料になる。 このような財務諸表監査は,法令によって強制的に必要とされる法定監査(強制監査)と,企業の任意的な依頼によって行われる任意監査とに区別される。証券取引所に株式を上場し,または上場しようとする株式会社等に対して行われる証券取引法による監査や,資本金5億円以上または負債総額が200億円以上の株式会社等に対して行われる商法上の監査が法定監査の代表的なものである(これらはいずれも会計監査人による監査が必要)。…

※「法定監査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

法定監査の関連キーワード監査役資本金大会社会計監査監査役会設置会社払込資本公告・中小会社三井化学[株]三菱化学[株]秩父小野田[株]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法定監査の関連情報