コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法律訴訟 ほうりつそしょうlegis actio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法律訴訟
ほうりつそしょう
legis actio

ローマ法史上最古の民事訴訟制度。ガイウスは,救済されうる権利があらかじめ法律によって定められ,あるいは当事者の履行すべき方式が厳格に法定化されていたことに,この名称の由来があると説く。公権力のにない手たる法務官訴権の付与または拒絶の法の宣言 iurisdictioを行う法廷手続と,私人たる審判人が事実を審理し,判決を下す審判手続の2つの段階から成る。公的救済 (前者) と私力救済 (後者) とが結合した訴訟手続である。当事者には形式的な式語と象徴的な動作の履行が要求され,式語の1語の言い誤りや変更も,また動作の些細な失敗も,敗訴の危険に通ずるものであった。法律訴訟には,神聖賭金による法律訴訟,審判人または仲裁人申請による法律訴訟,通告による法律訴訟,拿捕による法律訴訟,差押えによる法律訴訟の5種類があった。前3世紀末以来,方式書訴訟に圧倒され,前 17 (8) 年のユリウス法によってついに廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

法律訴訟の関連キーワード民事訴訟法法廷地法アクチオ万民法裁判宣誓

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android