法相六祖像(読み)ほっそうろくそぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法相六祖像
ほっそうろくそぞう

興福寺南円堂にある法相宗の6人の高僧祖師像善珠玄賓行賀常騰,玄 昉,神叡の6人で,文治5 (1189) 年康慶らが造像治承4 (80) 年に造立の六祖像が焼失したので再建。趺坐 (ふざ) ,跪坐 (きざ) ,左膝を立てた姿のもの各2躯ずつで,容貌は写実的表現が強調され,平安時代末期から鎌倉時代にかけての肖像彫刻の代表的傑作の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法相六祖像の関連情報