コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法相六祖像 ほっそうろくそぞう

1件 の用語解説(法相六祖像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法相六祖像
ほっそうろくそぞう

興福寺南円堂にある法相宗の6人の高僧の祖師像。善珠,玄賓,行賀,常騰,玄 昉,神叡の6人で,文治5 (1189) 年康慶らが造像。治承4 (80) 年に造立の六祖像が焼失したので再建。趺坐 (ふざ) ,跪坐 (きざ) ,左膝を立てた姿のもの各2躯ずつで,容貌は写実的表現が強調され,平安時代末期から鎌倉時代にかけての肖像彫刻の代表的傑作の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone