コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造像 ぞうぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

造像
ぞうぞう

仏,菩薩天部などの形姿を絵画,彫刻に表わすこと。経典には仏,菩薩,天部などを表わすための規定が説かれていて,この規定に基づいて造像しなければならない。密教では一層この規定が厳密で,これを儀軌という。このため密教の仏像の形姿を写した図像に関する研究が必要となり,図像集も著わされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぞうぞう【造像】

( 名 ) スル
像、特に仏像をつくること。 「 -起塔」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

造像の関連キーワード到比岸寺鉄造毘盧舎那仏癸未年銘金銅一光三尊仏甘山寺石造阿弥陀像立ち木仏・立木仏竜門二十品玉函山石窟軍荼利明王大谷磨崖仏鞏県石窟縁起絵巻大足石刻十二神将木食明満高村東雲寄木造帝釈天豊楽寺造像銘金銅仏一木造

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

造像の関連情報