コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善珠 ぜんじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

善珠 ぜんじゅ

723-797 奈良-平安時代前期の僧。
養老7年生まれ。法相(ほっそう)宗。奈良興福寺の玄昉(げんぼう)にまなぶ。宝亀(ほうき)11年(780)光仁(こうにん)天皇の勅願により秋篠(あきしの)寺をひらく。また最澄にまねかれて比叡山(ひえいざん)根本中堂落慶供養の導師をつとめた。延暦(えんりゃく)16年4月21日死去。75歳。大和(奈良県)出身。俗姓は阿刀(跡,安都とも)。通称は秋篠僧正。著作に「因明入正(いんみょうにっしょう)理論疏(しょ)明灯鈔」「唯識義灯増明記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんしゅ【善珠】

723‐797(養老7‐延暦16)
法相宗学僧大和国出身で俗姓は跡連(あるいは宿禰)。玄昉の門下で,法相・因明にことに精通した。その学風は《法苑義鏡》《唯識論了義灯増明記》等の著作から知られるが,唐の玄奘や基の学系を継ぎ,唯識論を中心に五性各別・一権三実といった人間の差別相を重視した。さらに,対立する法相教説異端派に対しては精緻な批判を加え,日本正統法相教学の基盤を築いた。この間,780年(宝亀11)には光仁天皇の勅願によって大和国に秋篠寺(あきしのでら)を開き,延暦寺文殊堂・中堂供養に常達・大導師を務め,796年(延暦15。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の善珠の言及

【秋篠寺】より

…もと内経寺といわれたが,秋篠の地にあり,秋篠寺と称せられるに至った。後世,秋篠寺の善珠といわれた興福寺の名僧善珠を開山とする。780年に寺封100戸,798年(延暦17)に大和国公田24町が施入され,812年(弘仁3)3月に引き続いて100戸が寄せられるなど,光仁・桓武・嵯峨3帝の帰依をうけた。…

※「善珠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

善珠の関連キーワード法相六祖像浄土教昌海常楼

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android