清涼寺(読み)せいりょうじ

  • しょうりょうじ シャウリャウ‥
  • しょうりょうじ〔シヤウリヤウ〕
  • せいりょうじ〔セイリヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国山西省五台山にあった華厳宗の第6祖澄観はここで『華厳経』を講義した。
京都市右京区嵯峨にある浄土宗の寺。左大臣源融山荘を寺とし棲霞寺といったが,永延1 (987) 年に奝然が将来した『釈迦如来立』 (国宝) を安置するため,盛算釈迦堂建立,五台山清涼寺と号した。この像は代の彫刻で,清涼寺式釈迦といわれ,多くの模像が作られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町にある浄土宗の寺、清涼寺(せいりょうじ)の別称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清涼寺の関連情報