不文法(読み)ふぶんほう(英語表記)ungeschriebenes Recht

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不文法
ふぶんほう
ungeschriebenes Recht

法の表現形態に関する分類で,文書の形式を備えていないすべての法をいう。成文法に対する概念。制定法以外の慣習法判例法がその典型である。条理 (理) をそのなかに入れる場合もある。英米法系では不文法たる判例法が重要な位置を占めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

不文法【ふぶんほう】

文字・文章で表現されていない法。成文法に対する。立法機関によって制定された法ではなく,慣習・判例・条理などで法として認められたもの。
→関連項目慣習法制定法判例法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふぶんほう【不文法】

文章による表現がされていない法。慣習法や判例法がその例。不文律。 ⇔ 成文法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不文法
ふぶんほう

文章という形では書かれていない法をいう。たとえば、国会で制定された法律は制定法であるが、文章化されているので成文法ともいう。これに対して、慣習法、判例法、あるいは条理、さらに自然法は、その内容が文章として固定されていないので不文法である。一般に、大陸法系は成文法主義であるが、英米法系は不文法主義である、といわれる。両者を比較すると、法的安定に資するという点では成文法主義が優れ、「不文法から成文法へ」という一般的発展傾向が指摘されている。[本間義信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の不文法の言及

【コモン・ロー】より

…第2に,コモン・ロー成立時においては独立の汎ヨーロッパ的キリスト教世界国家を形成していたともいえる教会の法に対して,世俗の国王によりつかさどられる法,すなわち世俗法という意味がある。第3に,13世紀ごろから徐々に増え,不文の判例法であるコモン・ローに対して補充・修正する役割をもつに至る成文法,とりわけ議会制定法に対し,不文法という意味で用いられることもある。さらに第4にコモン・ローの語は,厳格で形式的なコモン・ローに対しての補正として後に生じてくる衡平法に対して用いられることもある。…

【成文法・不文法】より

…文字で書きあらわされ文書の形をとるものが法の存在形式=法源となるものを成文法という。これに対して不文法は法源のうち成文法以外のものをいう。成文法は制定法とも呼ばれる。…

※「不文法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android