コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮沢俊義 みやざわとしよし

7件 の用語解説(宮沢俊義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮沢俊義
みやざわとしよし

[生]1899.3.6. 長野
[没]1976.9.4. 東京
憲法学者,法哲学者。東京大学法学部政治学科を卒業して同大学で教職につき,フランスドイツアメリカに留学 (1930~32) ののち,憲法の講座を担当した。学識豊かな自由主義者として,また,正統のケルゼン主義者 (→ケルゼン ) として平明で透徹した数々の学問的業績を上げ,日本国憲法下の公法学界,法哲学界を指導した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みやざわ‐としよし〔みやざは‐〕【宮沢俊義】

[1899~1976]憲法学者。長野の生まれ。東大教授。自由主義的、合理主義的立場に立つ憲法理論で知られた。著「憲法」「日本国憲法」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宮沢俊義【みやざわとしよし】

憲法学者。長野県生れ。1923年東大卒,美濃部達吉の助手となる。1934年同大学教授。右翼勢力のはびこるなか,合理主義的憲法理論を展開した。大戦後は幣原喜重郎内閣の改憲作業にあたり,貴族院議員として日本国憲法の審議に参加。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮沢俊義 みやざわ-としよし

1899-1976 昭和時代の憲法学者。
明治32年3月6日生まれ。美濃部達吉の後をつぎ,昭和9年母校東京帝大の教授。21年貴族院議員となり,憲法審議に参加。のち憲法問題研究会を組織し,護憲運動をすすめた。34年立大教授,40年プロ野球コミッショナー。44年文化功労者。昭和51年9月4日死去。77歳。長野県出身。著作に「憲法」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

みやざわとしよし【宮沢俊義】

1899‐1976(明治32‐昭和51)
憲法学者。長野市生れ。1923年東大卒,25年同助教授,34年教授として憲法講座を担当。美濃部達吉の後継者として右翼陣営の攻撃を受けつつも,合理主義的憲法理論を展開。戦後は幣原喜重郎内閣の改憲作業に参加し,また,貴族院勅選議員として日本国憲法の審議に参加した。ポツダム宣言の受諾が国体の変更にあたるとする〈八月革命説〉を唱えて政府を追及,また尾高朝雄とも論争した。59年東大を停年退職,以後69年まで立教大学教授。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みやざわとしよし【宮沢俊義】

1899~1976) 憲法学者。長野市生まれ。東大教授。自由主義的・合理主義的憲法理論を展開。著「日本国憲法」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮沢俊義
みやざわとしよし
(1899―1976)

憲法学者。明治32年3月6日長野市に生まれる。東京帝国大学法科卒業後、1925年(大正14)同大学助教授となり、30年(昭和5)フランスに留学。帰国後、34年教授となり、美濃部(みのべ)達吉の後継者として憲法講座を担当した。旧憲法下においては、批判的合理主義の立場から、独裁制やファシズムのイデオロギーを批判的に分析する論文が多く、第二次世界大戦後は、日本国憲法の解釈者、擁護者として活躍した。とくに、ポツダム宣言の受諾は主権者を天皇から国民に変更した法的革命であるとする「八月革命説」は、以後激しい論議の対象となっている。趣味も広く、エッセイストとしても有名。1969年(昭和44)文化功労者。昭和51年9月4日死去。著書は『憲法』『日本国憲法・コンメンタール』のほか多くの論文集、評論集がある。[長尾龍一]
『原秀男「宮沢俊義――理論と実践」(日本法哲学会編『日本の法哲学(1) 法哲学年報78』所収・有斐閣) ▽宮沢俊義著、芦部信喜補訂『全訂 日本国憲法』(1978・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宮沢俊義の言及

【国民主権】より

…尾高朝雄は,真の主権者はノモス(法の理念)であって,天皇主権も国民主権もノモスに従って天皇や国民が政治を行うべき責任をもっていることを意味するにすぎないから,天皇主権から国民主権への転換は〈国体〉の変革を意味しないと主張した。これに対して宮沢俊義は,ノモスの主権を認めるとしても,ノモスの具体的な内容を最終的に決定する権能(責任)が天皇にあるとする憲法と国民にあるとする憲法は質的に異なるとして,〈国体〉は変わったと主張した。しかし,当時の論争においては,日本国憲法の国民主権が先にあげた三つの考え方のいずれをとっているかは,自覚的には論じられなかった。…

※「宮沢俊義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宮沢俊義の関連キーワード筧克彦国法学憲法学長野県長野市南長野芦部信喜奥平康弘小林直樹佐藤功野田良之エスマン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮沢俊義の関連情報