コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法華三郎信房 ほっけさぶろう のぶふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法華三郎信房 ほっけさぶろう-のぶふさ

1909-2000 昭和-平成時代の刀剣作家。
明治42年5月15日生まれ。家はもと陸奥(むつ)仙台藩の刀鍛冶(かたなかじ)。昭和38年ごろ鎌倉時代の大和の名匠保昌貞宗,保昌貞吉が創案した鍛造法の復元に成功。41年宮城県重要無形文化財。平成12年10月25日死去。91歳。本名は高橋昇。
【格言など】一伝一派に徹する(信条)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

法華三郎信房の関連キーワード星図牧野省三[各個指定]工芸技術部門自動車電話よしもとばなな奈良美智2000年問題プーチンシャキール オニール専門図書館

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法華三郎信房の関連情報