波の音(読み)なみのおと

精選版 日本国語大辞典「波の音」の解説

なみ【波】 の 音(おと)

① 波の打ち寄せる音。また、そのような音。波のと。
※桂宮丙本元輔集(990頃)「すみのえのまつよりこえしなみのおとのむかしながらにきこえけるかな」
※浄瑠璃・義経千本桜(1747)四「皷は元来(もとより)波の音(オト)
② 歌舞伎の下座の鳴物の一つ。大太鼓を長桴(ばち)で強い抑揚をつけて打つもの。最初に強く大きく波頭を打ち、あとを刻んで波の寄せる感じを表わし、これを繰り返す。なみおと。

なみ【波】 の 音(と)

波の打ち寄せるおと。波のおと。
※丹後風土記逸文(釈日本紀所載)(1274‐1301)「子らに恋ひ朝戸を開き我が居れば常世の浜の奈美能等(ナミノト)聞こゆ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android