コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波多野伝三郎 はたの でんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

波多野伝三郎 はたの-でんざぶろう

1856-1907 明治時代の政治家,経営者。
安政3年8月22日生まれ。尺振八(せき-しんぱち)の共立学舎にまなぶ。嚶鳴(おうめい)社にくわわり,東京横浜毎日新聞社にはいる。新潟県会議員をへて,明治24年衆議院議員(当選5回,憲政本党)となる。30年福井県知事。のち宝田石油取締役など。明治40年2月13日死去。52歳。越後(えちご)(新潟県)出身。旧姓は前田。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

波多野伝三郎

没年:明治40.2.13(1907)
生年:安政3.8.22(1856.9.20)
明治期の政党政治家。越後国長岡藩(新潟県)出身。明治7(1874)年上京,尺振八の共立学舎に入学,12年嚶鳴社に加入,13年共立学舎を退き,文部省に出仕,14年文部省を退任後『東京横浜毎日新聞』に入社,19年まで同社にあった。15年立憲改進党結成とともに入党,以後一貫して改進党の立場を堅持した。21年新潟県県会議員,第2回,4回,5回,9回の衆院議員選挙に当選。この間第2次松方内閣時代の30年4月福井県知事に任ぜられた。しかし当時自由党勢力の大であった県会で不信任を可決され,県会を解散したが,進歩党と内閣との絶縁後30年11月早々に知事を辞し福井を去った。福井県にとって異色の知事であったといえよう。

(池内啓)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

波多野伝三郎の関連キーワード複成片麻岩内褶曲新派劇結城寅寿吉田松陰ミシン浅井忠海戦法規浅井忠佐田白茅千頭清臣

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone