コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波多野伝三郎 はたの でんざぶろう

2件 の用語解説(波多野伝三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

波多野伝三郎 はたの-でんざぶろう

1856-1907 明治時代の政治家,経営者。
安政3年8月22日生まれ。尺振八(せき-しんぱち)の共立学舎にまなぶ。嚶鳴(おうめい)社にくわわり,東京横浜毎日新聞社にはいる。新潟県会議員をへて,明治24年衆議院議員(当選5回,憲政本党)となる。30年福井県知事。のち宝田石油取締役など。明治40年2月13日死去。52歳。越後(えちご)(新潟県)出身。旧姓は前田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

波多野伝三郎

没年:明治40.2.13(1907)
生年:安政3.8.22(1856.9.20)
明治期の政党政治家。越後国長岡藩(新潟県)出身。明治7(1874)年上京,尺振八の共立学舎に入学,12年嚶鳴社に加入,13年共立学舎を退き,文部省に出仕,14年文部省を退任後『東京横浜毎日新聞』に入社,19年まで同社にあった。15年立憲改進党結成とともに入党,以後一貫して改進党の立場を堅持した。21年新潟県県会議員,第2回,4回,5回,9回の衆院議員選挙に当選。この間第2次松方内閣時代の30年4月福井県知事に任ぜられた。しかし当時自由党勢力の大であった県会で不信任を可決され,県会を解散したが,進歩党と内閣との絶縁後30年11月早々に知事を辞し福井を去った。福井県にとって異色の知事であったといえよう。

(池内啓)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

波多野伝三郎の関連キーワード牧野忠篤政党政治星亨岡村権左衛門岡村貢加藤勝弥小林雄七郎松村文次郎三島億二郎村島喜代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone